乳酸菌サプリに含まれるラブレ菌

乳酸菌サプリの中にはラブレ菌と呼ばれる菌がはいっていますが、このラブレ菌とは、どんな菌なのでしょうか?実は腸にとても大事な役割を果たしてくれるのです。
乳酸菌といっても種類は様々ですが、その中でも注目されつつあるのがラブレ菌でしょう。
製品名にもなっているほどですから、知っている人が聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
正式名称は、「ラクトバチルスブレビスサブスピーシスコアギュランス」というとても長い名称になります。
元々研究をしていた博士が、京野菜の、すぐきの漬物の中から見つけたのです。
そんなラブレ菌ですが、植物性乳酸菌のほかの種類と同じで、生きたまま腸に届くことが出来ますし、悪玉菌を腸の中で増えるのを防ぐ働きをし、便秘の人は便秘解消の効果があります。
ラブレ菌を腸の中にいつも留めておくためには、毎日取り入れる必要がありますが、すぐきだけでは不十分ですから、乳酸菌サプリを毎日行なうことが大事です。
乳酸菌サプリのラブレ菌を摂取すれば体にとっていい影響が現れます。
すぐきを毎日食べてもいいのですが、それでは1日の必要量が足りませんから、確実に腸に届けたい人は、サプリが一番手軽で、そして確実なのではないでしょうか。