お金を借りたらきちんと返済を

ちょっとしたお金が必要になったときに、兄弟にお金を借りるという人も少なくありません。
あまりにも大金だったら親などを頼りにする人が多いようですが、そこまで大金ではないときは、気軽に相談できる兄弟を頼るようです。
もちろん借りたらダメという訳ではありませんが、いくら身内だからといって甘えは禁物です。
借りるお金は何に使って、いつごろどのような収入があるから、いつまでに返せるという話もしっかりと伝えるようにしましょう。
数百円や数千円ならば口約束で貸してしまう人も多く、借りた方は忘れてしまっているということもあります。
なので、しっかりと紙に書いて、誰が相手でどんな金額であっても、きっちりと返済するようにしましょう。